ストーリー

雨、雨、雨……雨はいらない声をかき消してくれる

雨は視界をさえぎって、私の姿を隠してくれる

雨は私を守ってくれる


強い雨が降り続くある日、
雨の名を持つ少女と、雨を名乗る少年が出会った。

自分を守ってくれる存在。
自分を必要としてくれる存在。

だから、二人は一緒に過ごすことにした。
それぞれが、それぞれの「ひとりぼっち」を抱えて。